トラウマと睡眠

こんにちは。

カウンセリングルームSunnyside主宰の奥野 幸子です。

トラウマを抱えている方の中でかなり多くの方が睡眠に関する深い悩みがあります。睡眠がとれないと身体的にも精神的にも本当に辛いですよね。トラウマがあるとどうして睡眠が上手くとれなくなってしまうのか、今ある知識とともにお伝えしようと思います。子どもにも大人にもあてはまります。

睡眠の仕組み

睡眠の仕組みについては、様々なところで情報が溢れているので、改めてお伝えする必要がないかもしれません。自律神経の影響を大きく受け、特にそのバランスが大切ですね。一般的に自律神経は交感神経と副交感神経に分かれているといわれていますが、ソマティックエクスペリエンシング®療法で使うポリヴェーガル理論では少し違いがあります。詳細は、ポリヴェーガル理論に関する本などを参考にしていただきたいのですが、大きく分けて自律神経は3つに分かれているといわれています。この3種類の神経が上手くバランスを取れていると気持ちよく睡眠をとることができます。

トラウマを抱えていると睡眠はどうなる?

トラウマを受けると、トラウマとなる出来事で解放されなかったエネルギーの影響で、自律神経が、交感神経(逃げるか闘うかという方法で自分を守ろうとする神経です)か背側迷走神経(身体を凍り付かせることで自分自身を守ろうとする神経です)のどちらかが高く優位になってしまうことが多いです。例えば、常に交感神経が優位になっている方は、つねに周囲に危険を感じ、身体がこわばっていることが多いので、寝ている間もちょっとした音で目覚めてしまったり、寝つきが悪くなったりします。逆に、背側迷走神経が高く優位になっている方は、どれだけ寝ても寝た気がしなかったり、だるさが取れないということが多いです。

トラウマの解放は不眠の改善にもつながります

当然かもしれませんが、自律神経のバランスが整ってくるので、睡眠も少しずつ回復してくることが多いです。不眠だからといって、過激に運動をすることでバランスを取ろうとすることもありますが、そういった必要もなくなってきます。医療的な検査をしてみても異常が見つからず、不眠が続く方は、トラウマからくる不眠を疑ってみてもよいかもしれません。私自身も、今思えば、以前は過剰に働くことでバランスをとっていたなぁと感じます。

ポリヴェーガル理論についての本

ポリヴェーガル理論についての本はあまり出ていませんが、日本では、津田真人さんが書かれた本が読まれています。とても厚い本となりますので、初めて読まれる方は、セラピストという雑誌6月号で、ポリヴェーガル理論についてわかりやすくまとめてくださっています。ぜひご覧になってみてくださいね。

カウンセリングのご案内


3月 先着3名限定 体験セッション 6000円


 はじめて当カウンセリングルームをご利用の方のみ
3月先着3名様限定
体験セッション 9000円
 ↓↓↓
 6000円

トラウマ療法またはソマティックエクペリエンシング®療法を受けてみたいけれど、どういうものかわからずに不安、一度試してみたいという方のために、体験セッションを行います。

内容としては初回セッション(90~120分)と同じ内容になりますが、体験セッション料金6000円で行いたいと思います。3月は先着限定3名様とさせていただきます。受けてみたいけれど迷われていた方はどうぞお試しください。

今すぐ申し込む

ラインでのお問合せ・ご予約


ラインでのご予約・お問合せも受け付けております。
ラインでのご予約・お問合せご希望の方は、お友だち追加ボタンをクリックして、お友だち追加後にメッセージをください。

料金につきましてはこちらのページをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です