幼少期のトラウマを克服するには

幼少期のトラウマを克服するには

こんにちは。カウンセリングルームSunnysideセラピストの奥野 幸子です。今回は今までも取り上げたことのある幼少期のトラウマについて、ブログを書いてみようと思います。トラウマには様々なものがありますが、大人になってからPTSDと思われる症状で苦しむ方は、幼少期のトラウマに起因していることがとても多いです。ソマティックエクスペリエンシング®療法でも幼少期のトラウマに対してセッションを行うことができます。ソマティックエクスペリエンシング®療法を通してその方の人生が、そしてその方の家族が再生していくことを願いつつセッションをしています。

幼少期のトラウマはどのようなものがあるか

幼少期のトラウマに多いのは、虐待であったり、マルトリートメントといわれる不適切な養育によって、心を傷つけられることによるものがあります。それによって、成長段階や成人後にうつやパニック障害などの様々な症状がでるようになります。マルトリートメントとは、はっきりとした虐待とは認識しづらいものもあり、例えば、無視をされる、産まなければよかったなどと暴言を浴びせられたりなど、心理的な虐待などのことを言います。また、一方で幼稚園や保育園でお友達にいじめられたりと、社会的な場面での傷つきもトラウマになることももちろんあります。最近では、幼少期のトラウマのことを「発達トラウマ」と呼ぶことも多いですね。

幼少期のトラウマが大人になってから影響すること

うつやパニック障害、強迫性障害などの精神疾患を抱える方も多いですが、自己肯定感を持てず、生きる気力が持てない、人間関係が上手くいかない、仕事が続かない、恋愛や結婚が上手くいかないなど、生きづらさを感じたり、人生の喜びを感じられる日常生活に大きく影響したりします。精神科や心療内科などに通院し、服薬をしている方もいますが、服薬をするほどでなくても、その症状に苦しむ方はかなりいます。

幼少期のトラウマを克服するためにできること

まずは、上記のような様々な症状が出てきたときに、そのことが幼少期のトラウマから来ているものかもしれないということを考えてみることが大切な一歩となると思います。そして、幼少期のトラウマに関する本を読んでみるのも一つの解決策です。本はいろいろありますが、最近では、ソマティックエクスペリエンシング®療法の本で「レジリエンスを育む」という本が発売されました。心理士などの方向けですが、参考になる部分はたくさんあります。もし、ご自身に当てはまるところがあると感じられたら、カウンセリングを受けることもやはり克服の手助けになると思います。

幼少期のトラウマを克服するとどうなっていくか?

トラウマが解放されてくると、様々な症状が軽減されてくるのですが、それと同時に、「生きていて良かった」「人生を楽しんでいいのだ」など自尊心が高まり、日常生活が楽しめるようになります。そして、周囲の家族や友人との関係性も良くなっていきます。私は、こういった瞬間を共有できることがとてもうれしいです!

 

カウンセリングのご案内


3月 先着3名限定 体験セッション 6000円


 はじめて当カウンセリングルームをご利用の方のみ
3月先着3名様限定
体験セッション 9000円
 ↓↓↓
 6000円

トラウマ療法またはソマティックエクペリエンシング®療法を受けてみたいけれど、どういうものかわからずに不安、一度試してみたいという方のために、体験セッションを行います。

内容としては初回セッション(90~120分)と同じ内容になりますが、体験セッション料金6000円で行いたいと思います。3月は先着限定3名様とさせていただきます。受けてみたいけれど迷われていた方はどうぞお試しください。

今すぐ申し込む

ラインでのお問合せ・ご予約


ラインでのご予約・お問合せも受け付けております。
ラインでのご予約・お問合せご希望の方は、お友だち追加ボタンをクリックして、お友だち追加後にメッセージをください。

料金につきましてはこちらのページをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です