幼少期の恐怖と不安~幼少期のトラウマ

幼少期の恐怖と不安~幼少期のトラウマ

こんにちは。カウンセリングルームSunnysideの奥野です。

コロナウィルスのこと、災害のこと、多くの人が心配と不安を抱えているのではないかと思います。

皆さんに少しでも安心と安全が拡がりますよう心から祈っております。

 

小さいころ、怖い夢ばかり見ていた経験はありませんか?不安と恐怖が強いと、夢にも現れることがあります。理由はいろいろありますが、

・災害や危機の直後だったり、トラウマがある場合

・もともと不安を感じやすい場合

・自分自身の不安や恐怖でないものを自分のものと感じている場合

などがあります。今回は、自分自身の不安や恐怖でないものを自分のものと感じている場合についてブログを書こうと思います。

幼少期の感覚

幼少期は、一番近しい養育者との間で、感覚や感情を学んでいきます。特に、安心感というのは、乳幼児期に養育者との関係性の中で育まれるものです。例えば、乳児期のときは、自分自身の不快な感覚(空腹など)を満たしてもらうことで快の感覚や安心の感覚を身に着けていきます。そして、成長とともに、様々な感覚や感情を、人との関わりの中で身に着けていきます。また、社会の中で不安や恐怖を感じた時も、その感覚を落ち着かせてもらうことで落ち着き、安心につながる感覚を身に着けることが出来ます。(自己調整の力も身についていきます)

大人の不安や恐怖が強いとき

そのような成長の過程で、周囲の大人、特に養育している大人が何かしらの理由で不安や恐怖が強いとき、その不安や恐怖に共鳴し、その感覚や感情が自分のものだと思ってしまうことがあります。そして、大人になるまでずっと、その不安や恐怖の感覚を自分の感覚として持ち続けることがあるのです。そして、その不安や恐怖は、身体に対して「危機的状況にある」という信号を送り、人と繋がれなくなったり、孤独感を感じたり、身体に様々な症状を引き起こすこともあります。

不安や恐怖から解き放たれるとき

逆に、そのことに気づき、感じている不安や恐怖は自分のものではないと思えるようになると、不安や恐怖から解き放たれることがあります。そして、今まで見ていた世界観さえ変わるときや、新たな自分自身の感覚や、自分らしさに気づくようになることがあります。ソマティックエクスペリエンシング®療法のセッションをしていると、様々な感覚に気づくようになるので、このような解放もプロセスの中で起きてきます。そして、この苦しみは誰のせいでもなかったと感じれるようにもなります。(そう、誰のせいでもないのです。もしかして子どもにそうしてしまっているかもと思われる方がいたら、自分を責めないでくださいね。ぜひ、セッションを受けてみてください)

 

カウンセリングのご案内


9月 先着2名限定 体験セッション 6000円


 はじめて当カウンセリングルームをご利用の方のみ
9月先着2名様限定
体験セッション 9000円
 ↓↓↓
 6000円

トラウマ療法またはソマティックエクペリエンシング®療法を受けてみたいけれど、どういうものかわからずに不安、一度試してみたいという方のために、体験セッションを行います。

内容としては初回セッション(90~120分)と同じ内容になりますが、体験セッション料金6000円で行いたいと思います。9月は先着限定2名様とさせていただきます。受けてみたいけれど迷われていた方はどうぞお試しください。

今すぐ申し込む

ラインでのお問合せ・ご予約


ラインでのご予約・お問合せも受け付けております。
ラインでのご予約・お問合せご希望の方は、お友だち追加ボタンをクリックして、お友だち追加後にメッセージをください。

料金につきましてはこちらのページをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です