トラウマからの解放④~トラウマと自律神経のパターン

みなさん、こんにちは。

カウンセリングルームSunnysideセラピストの奥野です。

ゴールデンウィークももうすぐ終わりに近づいてきました。

みなさんはどう過ごされていますか?

さて、昨日の続きです。

今回は、トラウマと自律神経のパターンについてです。

脅威に遭遇したときにどの自律神経が働くか

人は脅威に遭遇した時に、防衛反応が起こります。そして、防衛反応のときに使う自律神経は3つあると書いてきましたが、人それぞれに防衛反応の取り方が違います。例えば、誰かにいじめられてしまったときは、人と繋がることで安全を感じることはできず、闘争・逃走反応か凍りつき反応を起こすしかないときもあります。

そして、例えば、人の前で話している際に傷つくという脅威に遭遇したとき、凍りつくという反応をすると、その後も人前で話すときには常に危険を感じ、凍りつくというパターンが繰り返されることもあります。

出来事の大小には関係がない?

どんなに小さな出来事と思えることでも、出来事の内容は身体には関係がありません。なので、後から考えて、あんな小さなことで・・・と感じたとしても、それがトラウマになることもあり、防衛反応のパターンが繰り返されることが多いのです。

発達トラウマ(発達性トラウマ障害)

さきほどお伝えしたように、人との関係で傷つくというトラウマがある方は、人と繋がることに安全・安心を感じられなくなってしまうので、自律神経のパターンが、闘争・逃走反応のための交感神経が優位になっているか、凍りつき反応のための背側迷走神経が優位になっているパターンになっていることが多いです。特に、幼少期から適切な関わりをしてもらえず、トラウマが重なっている発達トラウマの方は、人と繋がれないという症状を抱えている方が多いです。

発達トラウマとポリヴェーガル理論の関係については、「レジリエンスを育む」という本がお薦めです。

それでは、どのようにこのトラウマを解放していくのか・・・。次回のブログで書いていこうと思います。

カウンセリングのご案内


6月 先着3名限定 体験セッション 6000円


 はじめて当カウンセリングルームをご利用の方のみ
6月先着3名様限定
体験セッション 9000円
 ↓↓↓
 6000円

トラウマ療法またはソマティックエクペリエンシング®療法を受けてみたいけれど、どういうものかわからずに不安、一度試してみたいという方のために、体験セッションを行います。

内容としては初回セッション(90~120分)と同じ内容になりますが、体験セッション料金6000円で行いたいと思います。6月は先着限定3名様とさせていただきます。受けてみたいけれど迷われていた方はどうぞお試しください。

今すぐ申し込む

ラインでのお問合せ・ご予約


ラインでのご予約・お問合せも受け付けております。
ラインでのご予約・お問合せご希望の方は、お友だち追加ボタンをクリックして、お友だち追加後にメッセージをください。

料金につきましてはこちらのページをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です