目を合わせることの意味

 今、「ポリヴェーガル理論」という本を読んでいます。ソマティックエクスペリエンシング®療法では、とても必要な理論です。

 この本の途中で、2匹の犬の遊びについての描写が出てきます。それを読むと私の飼っている犬たちの様子と全く同じなので驚いたので、そのことを書いてみようと思います。

 我が家の犬たちは、よくじゃれあいや追いかけっこをするのですが、お互いの後ろ足を甘噛みしながらじゃれあいをします。私は、この本の記述を見るまで、犬たちが喧嘩をしているのか、遊んでいるのかわからず、途中で止めていました。

 でも、本の中では、犬が目を合わせることで、「これは戦いではない」ということを確認しながらじゃれ合っているという説明をしていました。哺乳類は、社会的な関わりを持つための神経を発達させ、目を合わせることで、安全であることを確認するなどのことができるようになったそうです。

 そういえば、我が家の犬たちは目を最初に合わせて、何かしらの会話をしてからじゃれ合いが始まります。言葉は話しませんが、視線や表情でコミュニケーションを取っているのですね。私が緊張した声で話していたりすると、そばに寄ってきて足を舐めたりして、私の声のトーンや大きさによっていろいろと理解してもいるんだなということがわかります。

 なるほど・・・!とこの哺乳類特有の神経について少しだけわかったように思いました。残念ながらまだ本は途中ですが、これからの内容も楽しみです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です