いじめとトラウマの症状

家の周りの木々の葉は落ち始めているのですが、

昼間は暑さを感じることもあり、

温度差がありますね・・・。

 

さて、今回は、いじめを受けると

身体の中で何が起きて、

どのような症状が出やすいかを

ほんの少しお伝えします。

 

私自身、小学生のころ、

みんなでドッチボールをしているときに

わざと無視をされた経験があります。

かすかな記憶なのですが、

「無視」というのは、

本当につらい経験です。

自分を守るための

「闘う・逃げる」

ということができないことが多く、

「恐怖」の感情が伴います。

いじめでは、

そこに暴力が存在することも少なくありませんね。

 

こういったいじめを受けると、

人との関わりのある社会に対して

安全を感じられなくなるので、

外へ出ることが出来なくなる

人が怖い

人を信頼できない

外へ出ると呼吸が苦しい

現実感を感じれない

などの症状が出ることが多くあります。

そして、その症状がすぐに出るとは限らないのです。

しばらくは日常生活を送れていても、

何かのきっかけで症状が重くなることも

たくさんあります。

闘争・逃走のためのエネルギーが

解放されずに

身体の中にあると

それが症状を引き起こすからです。

 

ソマティックエクペリエンシング®療法では、

他のトラウマと同じように、

そのとき解放できなかった

闘争・逃走のためのエネルギーを

解放してあげることで

トラウマを解放してあげるようにします。

 

いじめは何度も繰り返されることが多く、

トラウマの解放までは本当に時間が掛かりますが、

必ず楽になれるときが来ます。

気になる方は、

ぜひソマティックエクペリエンシング®療法を

試してみてくださいね。

 

トラウマについていろいろ綴ります。

⇒メルマガ登録はこちら

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です