安全を感じられるスペース

こんにちは。

今朝も晴れているときのルーティンである

我が家の愛犬のチワワ2匹と散歩に行きました。

とっても朝焼けが綺麗でした。

落ち葉も黄色く、

秋を感じるひと時でした・・・。

 

さて、遠い昔の私が大学生のとき、

大学の授業で「パーソナルスペース」

という言葉を習ったことを今でもよく思い出します。

例えば、混んだ電車の中では、

このパーソナルスペースが

お互いに侵入されていて、

ストレスが大きくなるのだと・・・。

混んだ電車が苦手な私にとっては

すごく納得できるものだった気がします。

 

そして、

ソマティックエクペリエンシング®療法に

関わるようになり、

また違った視点で

この概念を思い出しています。

 

我が家の犬と散歩しているとき、

前方に人や犬が見え、

ある一定の距離まで近づくと、

自分を守るために

腰を低くし、脅威に反応できるように

準備を始めます。

これと同じで、

人間もここまでは安全、

ここからは危険という

見えないラインがあります。

そのラインを越えられないように

自分を守る行動をとります。

 

トラウマを受けている人は、

このラインが破壊されていることが多いです。

 

例えば、それが言葉であったとしても、

その人自身が危険を感じ、

逃げたり、闘うことが不可能だったとしたら、

その人のラインが破壊され、

相手に侵入されてしまいます。

 

こうなると、危険と安全の境目が

わからなくなってしまうのです。

結果として、人との距離感が

わからなくなったり、

危険を察知できなくなったり

ということが起きるのです。

 

ソマティックエクペリエンシング®療法では、

こういったことにも注目して

カウンセリングを行っていきます。

 

自分にあてはまるかもしれない・・・

子どもにあてはまるかもしれない・・・

と思われた方は

この心理療法が合うかもしれません。

 

まずはもっとこの心理療法を知りたい方は、

メルマガ登録してみてください⇒こちら

 

下記のメールに

空メールを送っていただくだけでも

メルマガ登録できます。

mailmagazine-apply@c-sunnyside.com

体験セッションをしています

こちら

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です